現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中のくらしの情報の中の高齢・介護から認知症サポーター養成講座
更新日: 2017年12月28日

認知症サポーター養成講座

認知症は誰にも起こりうる脳の病気によるもので,85歳以上では4人に1人,65歳以上では10人に1人が認知症の症状を有するといわれています。今後も増加することが予想されます
認知症は,誰にでも起こり得る脳の病気ですが,家族だけでなく周囲の理解や気遣いがあれば,地域で穏やかに暮らしていくことができます
この講座では,認知症の症状や認知症の人と接す時の心構え,認知症の人への対応について学びます
受講者には認知症を分かりやすく解説したテキストと受講の証として「オレンジリング」を差し上げます

※認知症サポーターとは…認知症を正しく理解し,認知症の人と家族を見守る応援者

 
  • ☆対象:中央区に住む,認知症や認知症の人への支援に関心がある人
  • ☆日時:平成30年2月6日火曜日 午前10時から11時30分
  • ☆申し込み開始:平成30年1月9日火曜日 午前9時から
  • ☆場所:あいれふ7階第2研修室
  • ☆定員:先着30人
  • ☆費用:無料
  • ★申込み/問い合わせ:中央区地域保健福祉課(TEL:092-718-1110,FAX:092-734-1690)