現在位置:福岡市ホームの中の中央区の中のくらしの情報の中の健康・医療・年金からアラ還世代のための還活大学
更新日: 2019年5月28日

アラ還世代のための還活大学

定年後、子育て後の方が、その後の人生を健康で力強くしなやかに生きることを目指した教室を平成25年度より開催しています。自身の健康づくり・生きがいづくり・つながりづくりのために以下の教室に参加してみませんか?

※アラ還とは…アラウンド還暦の略。還暦前後の方。中央区では、原則55~69歳までの方が対象。


アラ還世代のための還活大学 基礎編 

今後の人生もうひと花咲かせたい方や新たに何か始めたい方は必見!
アラ還世代からの健康づくりに役立つ情報や生きがいづくり・地域とのつながりづくりに関する情報が満載の講座です。

☆対象:中央区に住むか通勤する55~69歳
    1回目と2回目は市民公開講座を兼ねているので、興味がある方はどなたでも参加可能。
☆場所:あいれふ 10講堂(中央区舞鶴2丁目5-1)
☆定員:各回概ね50名程度(事前申込制,新規参加者優先)
☆費用:無料
★申込み/問い合わせ:中央区地域保健福祉課(TEL:092-718-1111,FAX:092-734-1690)


日程・内容
  日時 内容 講師
6月11日(火曜日)
13時30分~15時30分
アラ還世代からの健康づくり◎健康づくりサポートセンター 
 センター長 井口 登與志氏
7月12日(金曜日)
13時30分~15時30分
研究から生活習慣を考える
~「ひさやま元気予報」を用いて生活習慣を見直そう~
◎九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野
 助教・医学博士・保健師  吉田 大悟氏
8月28日(水曜日)
13時30分~15時30分
健康づくりのための運動◎健康づくりサポートセンター 健康運動指導士
9月11日(水曜日)
13時30分~15時30分
地域活動と健康づくり・ボランティア活動のはじめ方◎NPO法人 アジアン・エイジング・ビジネスセンター
 上席研究員  佐々木 喜美代氏

※1回目と2回目は市民公開講座を兼ねています。
※講座のテーマが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※詳細はこちらをご覧ください。
 基礎編 (509kbyte)pdf
 6月講座 (500kbyte)pdf
 7月講座 (584kbyte)pdf


市民公開講座 アラ還世代のための還活大学「ロコモの予防で健康長寿!」

ロコモティブシンドローム(運動器の障害により要介護のリスクが高い状態)を予防することで,生き生きと健康的な生活を送りましょう。

☆日時:10月18日(金曜日)13時30分~15時30分
☆講師:佐賀整肢学園こども発達医療センター 副院長 高杉 紳一郎氏
☆対象:興味がある方。
☆場所:あいれふ 10ホール(中央区舞鶴2丁目5-1)
☆定員:先着250名(事前申込制)
☆費用:無料
★申込み/問い合わせ:中央区地域保健福祉課(TEL:092-718-1111,FAX:092-734-1690)
※詳細はこちらをご覧ください。 (380kbyte)pdf