現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報の中の被災地支援の中の平成29年7月九州北部豪雨から支援したい方へ|平成29年7月九州北部豪雨支援
更新日: 2018年10月5日

支援したい方へ


義援金の募集(延長しました)

福岡市では,被災された皆様の一刻も早い復旧を願い,被災地への義援金の募集を行っています。

なお,平成29年12月28日をもって,市役所本庁舎,区役所及び出張所における義援金箱の設置を終了し,口座振込による受付のみとしますので,引き続きご支援をよろしくお願いいたします。


募集期間

平成29年7月7日(金曜日)から平成31年3月31日(日曜日)


口座振込

口座…西日本シティ銀行天神支店普通預金 3113580/ 福岡銀行本店営業部普通預金 6650632

口座名…両銀行とも「平成29年九州北部豪雨災害義援金」


振込手数料

両銀行宛てともに,それぞれの銀行の各本支店窓口からの振込手数料は無料

※各窓口で「義援金であるので,振込手数料は免除で」とお申し出ください。

※上記以外の銀行からの振込手数料,及びATM振込・インターネットバンキング振込等で振込を行った場合,振込手数料が免除となりませんのでご注意ください。



義援金を被災自治体へ贈呈しました(平成29年9月,第1次)

 市民・企業の皆さまからお預かりした義援金は,受付開始から平成29年8月31日までに164,807,894円にのぼりました。ご協力いただきました皆さまに深く感謝申しあげます。

 特に被害の大きかった朝倉市及び東峰村については,9月12日に,高島市長及び貞刈副市長が皆さまを代表して直接贈呈しました。朝倉市の森田市長,東峰村の澁谷村長ともに,皆さまからの心温まる支援に深く感謝を述べられておりましたのでご報告いたします。他の被災自治体へも,以下のとおり贈呈いたします。

 引き続き,被災地支援に皆さまのご協力をお願いいたします。


朝倉市への義援金贈呈式 東峰村への義援金贈呈式

※<写真左>左から森田俊介朝倉市長,高島市長,<写真右>左から貞刈副市長,澁谷博昭東峰村長


第1次贈呈額

 164,807,894円


贈呈先及び義援金額

1.福岡県

贈呈先 義援金額
北九州市805,515円
久留米市18,307円
うきは市183,071円
嘉麻市18,307円
朝倉市111,948,216円
芦屋町36,614円
東峰村9,171,882円
添田町311,222円
122,493,134円

2.大分県

贈呈先 義援金額
日田市41,028,163円
中津市1,095,990円
豊後大野市190,607円
42,314,760円


義援金を被災自治体へ贈呈しました(平成29年12月,第2次)

 市民・企業の皆さまからお預かりした義援金は,受付開始から平成29年11月30日までに 199,778,271円にのぼりました。ご協力いただきました皆さまに深く感謝申しあげます。

 12月1日に,お預かりした義援金の第2次贈呈を行いましたのでご報告いたします。


第2次贈呈額

 34,970,377円


贈呈先及び義援金額

1.福岡県

贈呈先 義援金額
北九州市173,787円
久留米市3,950円
うきは市39,497円
嘉麻市3,950円
朝倉市26,383,962円
芦屋町7,899円
東峰村1,974,847円
添田町67,145円
28,655,037円

2.大分県

贈呈先 義援金額
日田市6,280,501円
豊後大野市34,839円
6,315,340円


義援金を被災自治体へ贈呈しました(平成30年10月,第3次)

 市民・企業の皆さまからお預かりした義援金は,受付開始から平成30年9月21日までに 214,902,391円にのぼりました。ご協力いただきました皆さまに深く感謝申しあげます。
 平成30年10月5日にお預かりした義援金の第3次贈呈を行いましたのでご報告いたします。


第3次贈呈額

 15,124,120円


贈呈先 義援金額
北九州市89,408円
朝倉市14,010,588円
久留米市2,032円
芦屋町4,064円
東峰村1,015,996円
嘉麻市2,032円
15,124,120円



義援金は税制上の優遇措置が受けられます


1.義援金の税制上の優遇措置の内容

・ 個人の方…寄付金控除の対象となります。対象となる税:所得税(国税),個人市民税,個人県民税(地方税)
・ 法人の方…全額損金算入できます。対象となる税:法人税(国税)
 


2.義援金の税制上の優遇措置の内容

 銀行の窓口で振り込んだ際の払込書を確定申告の際にご提出いただくことで優遇措置を受けることができます。



3.留意事項

 平成29年7月18日以前に発行した「預り証」については,そのままでは税制上の優遇措置の適用が受けられませんが,発行した窓口にお持ちいただき,新たな「預り証」に交換することで,優遇措置を受けることができます。




被災地救援等車両の有料道路無料措置

 平成29年7月5日から続く九州北部地方での豪雨災害に伴い,福岡県,大分県からの通知に基づき,被災地救援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。

 高速道路等有料道路の料金所を出る際に,本証明書を料金所に提出いただくことによって,有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。

 災害派遣等従事車両証明書の発行にあたっては,下記の申請方法を参照下さい。


1 対象車両

以下のいずれかに該当する車両
(ア)自治体等からの要請により,被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
(イ)自治体等からの要請により,被災地の復旧・復興にあたるための物資,人員等を輸送するための車両
(ウ)災害ボランティア活動であって,被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両


2 受付期間

【福岡県】平成30年12月31日(月曜日)まで
【大分県】平成30年7月31日(火曜日)で終了


3 申請方法等

 申請書に下記添付書類を添え,市役所又は区役所等への申請をお願いします。


(1)申請書類

 ①災害派遣等従事車両証明の申請書 (34kbyte)doc
 ②添付書類
  ・前1(ア)(イ)の場合:自治体からの要請書や委託等の内容や行程が分かる書類
  ・前1(ウ)の場合:被災地のボランティアセンターの受付証明(受付印が押されたもの)


(2)申請場所

 福岡市役所(市民局防災・危機管理課(本庁舎7階)),各区役所総務課及び西部出張所
 (市 役 所)平日:午前9時から午後5時30分まで
 (各区役所及び出張所)平日:午前9時から午後5時30分まで

 なお,最新情報は各自治体のホームページ等をご確認ください。
【福岡県】福岡県トップページ ⇒ 防災・安全 ⇒ 防災・国民保護 ⇒ 被災者支援
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syaryo07111.html
【大分県】平成30年7月31日で終了





福岡市災害ボランティアバスの運行(終了しました)

 9月から継続運行していました福岡市災害ボランティアバスにつきましては,12月15日の運行をもって終了しました。

 7月・8月の運行と併せ,通算12回実施し,221名の皆さんの参加をいただきました。


活動の様子

ボランティアバスの写真 ボランティア活動の様子1
 
ボランティア活動の様子2 ボランティアに参加した人の写真
 

災害時のボランティアツアーの受付窓口を開設しました

 平成29年7月28日付の国(観光庁)の通知にて,災害時のボランティアに限定した,旅行業法の運用が設けられたことに伴い,以下のとおりボランティアツアー受付窓口を開設しましたのでお知らせします。

1.福岡市受付窓口
福岡市市民局コミュニティ推進部市民公益活動推進課
福岡市中央区天神1-8-1(福岡市役所7階)
メール:koeki.CAB@city.fukuoka.lg.jp
電話番号:092-711-4283
FAX:092-733-5768
2.手続き等について
手続等詳細については福岡県NPO・ボランティアセンターのホームページをご覧ください。



災害ボランティア養成セミナーを開催しました

 災害ボランティアに必要な基礎知識や被災地に負担をかけない支援の方法を学ぶ,「災害ボランティア養成セミナー」を開催しました。

[日時]平成29年8月2日(水曜日) 午後7時から午後9時まで
[場所]福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん(福岡市中央区今泉1丁目19-22天神クラス4階
[定員]50名(事前申込必要)
[申込開始日時]7月15日(土曜日)午前10時から受付開始
[概要]
第1部:講演(NPO法人ANGEL WINGS 藤澤 健児氏)
第2部:福岡市の取り組み紹介
第3部:パネルディスカッション(パネリスト:登壇者/災害ボランティア経験者)

【申込・問い合わせ先】
福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん 電話番号:092-724-4801 メール:info@fnvc.jp


災害ボランティア講座を開催しました

 7月12日(水曜日)に開催しました「災害ボランティア講座」につきましては,たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

 当日の講座内容について,以下のとおりお知らせします。


講座内容

 被災地の状況について(NPO法人日本九援隊 理事長 肥後孝氏)

 災害ボランティアの心構えについて(福岡大学工学部社会デザイン工学科 教授 渡辺浩氏)


 配布資料PDF(3,107kbyte)pdf


 動画:平成29年九州北部豪雨災害 災害ボランティア講座(福岡チャンネル・YouTubeへ)

7月12日(水)開催「平成29年九州北部豪雨災害 災害ボランティア講座」の動画へ(福岡チャンネル・YouTubeへ)


現地での災害ボランティアの受け入れ

 現在,被災地の社会福祉協議会においてボランティアセンターが設置され,ボランティアの受け入れをおこなっています。

 情報は随時更新されていますので,ボランティアを行う場合は,現地ボランティアセンターの募集状況等,最新情報を確認することが重要です。

 なお,被災地では暑い日が続いています。各災害ボランティアセンターが案内している熱中症予防対策を行う等,各自の安全を確保した上で,活動してください。(7月19日午後4時時点)


<災害ボランティア活動に参加する際の基本的な注意事項>

●全国社会福祉協議会HP
 
http://www.shakyo.or.jp/bunya/saigai/suishin/index.html


<ボランティア活動保険>

 ボランティア活動保険についてはお住まいもしくはお勤め先の地域にある社会福祉協議会にて受付を行っておりますので,あわせてご案内します。
●福岡市社会福祉協議会HP

 http://www.fukuoka-shakyo.or.jp/work_service/vc/index.html


<九州北部豪雨被災地 災害ボランティアセンター等一覧>

●全国社会福祉協議会被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/
 被災地各地の最新情報が掲載されています。

●福岡県社会福祉協議会災害対策本部Facebook
 https://www.facebook.com/fukushakyosaigai/

●朝倉市災害ボランティアセンターFacebook
 https://www.facebook.com/asakuravc/
 朝倉市のボランティアに係る最新情報が掲載されています。

●朝倉市災害ボランティアセンター特設サイト
 http://asakuravc.jp/

●日田市災害ボランティアセンターFacebook
 https://www.facebook.com/hitavc/
 日田市のボランティアに係る最新情報が掲載されています。

●日田市災害ボランティアセンター
 http://hitavc.jp/

●東峰村災害ボランティアセンターFacebook
 https://www.facebook.com/tohovc/
 東峰村のボランティアに係る最新情報が掲載されています。

●東峰村災害ボランティアセンター
 http://tohovc.jp/

●添田町災害ボランティアセンターFacebook
  https://www.facebook.com/333434793736868/
添田町のボランティアに係る最新情報が掲載されています。

●添田町災害ボランティアセンター
  https://soedasaigaivc.jimdo.com/


<参考>

●福岡県HP
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/

●福岡県NPO・ボランティアセンターHP(災害ボランティア情報)
 http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/news/detail/250

●福岡県社会福祉協議会HP
 http://fuku-shakyo.jp/

●朝倉市HP
 http://www.city.asakura.lg.jp/

●朝倉市社会福祉協議会HP
 http://asakurashi-shakyou.jp/

●大分県HP
 http://www.pref.oita.jp/

●大分県社会福祉協議会HP
 http://www.oitakensyakyo.jp/

●日田市HP
 http://www.city.hita.oita.jp/

●東峰村HP
 http://vill.toho-info.com/

●添田町HP
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/

●添田町社会福祉協議会HP
  http://soedasyakyou.net/




支援物資の受け入れ及びNPO等への支援物資の提供(終了しました)

 7月7日から月隈収蔵庫において行っておりました支援物資の受け入れについては,7月9日20時に終了しました。

 お預かりした物資については、市及びNPO等により全て避難所等にお届けし,大変喜んでいただきました。たくさんのご協力をいただき、本当にありがとうございました。

<受け入れた物資の数>
 ・水 2,539箱
 ・ウエットティッシュ 229箱
 ・栄養補助ゼリー 193箱
 ・合計 2,961箱




お問い合わせ先


義援金,被災地支援等全般に関すること
 市民局防災・危機管理部防災・危機管理課

 電話番号:092-711-4056 FAX:092-733-5861